Feeling,Thinking.   What do you think about it?

日ごろ思ったことまとめていってます。大人じゃないけど子供でもない?そんなグダッとしてるとこもありますが、チラッとのぞいてみてください('ω')ノ

SNS。それは人と人とのつながりを薄くしたもの。

もうすぐ夏休みが終わってしまう…( ;∀;)

早い…まだ課題終わってないし(泣)

でも、今までで一番のんびりできた夏休み、なのかもなぁ・・・。

 

まだ夏休み終わってないんですけど、振り返ってみると今年は人と直接触れる機会が多かったというか、部活が優しくなったからか家や買い物・レジャーなどいろんなところに行けて、そこで触れる「直接」のやり取りが思い出かな…って思いました。

お盆のシーズンってよく親戚一同集まって、宴会とか一緒に食事するところが多いと思うんですけど、

それってまるで伝統みたいに消えないですよね。みんなの顔が見れて、お互いの状況話して…誰も嫌に感じないって言ったら嘘だと思いますが、親や祖父・祖母にとっては久しぶりに会える最高の機会なんじゃないかなと思います。

 

これからの未来、現在進行形でIT化・SNSが発達していく中でこの「直接」の機会が減っていくとしたら…皆さんはどう考えますか?

 

しょうがない。これが時代の流れ。家族・親戚なんて血のつながりでしかない。そんな世の中になったら…。人のつながりなんて蜘蛛の巣一本程度になっていく未来が、もうすぐそこに来ているのかもしれません。

私は…そんな未来になったとしたら、情報端末は捨てると思います。もし作る側の人間になったとしても。

だって、もとはつながりを支えるものだったのに、今はもうそれが主となってFace to Faceのほうが珍しくなっていきそうで…。それは機械につぶされている、自分たちが作った機械に殺されかけているんだろうなぁと思うと、人はもろいなぁと感じるこの頃。

 

またまた、最近読んだ本を一つ。 

心 (集英社文庫)

心 (集英社文庫)

 

 今度一年ぶりにまた東北に行くことができるので、行く前に東北をもっと知りたい…と思い購入。

すごく中身が深いというか、「先生、僕は卑怯です。」という主人公の正直さに、そしてまっすぐな心にうらやましいというか、ちょっと自分に足りない「正直さ」に気づいた一冊。

どんな悪事をしたとしても、「自分は悪いことをしている」って思いながらすることのほうが少ないのかなって思います。少なくともしているときは社会的に「悪」でも、自分にとっては「善」であると。

だからといってこの本に限らず悪事はやってはいけないんですけどね(._.)

 

 

次は東北から帰ってきてから書こうかなと思います('ω')ノ