読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feeling,Thinking.   What do you think about it?

日ごろ思ったことまとめていってます。大人じゃないけど子供でもない?そんなグダッとしてるとこもありますが、チラッとのぞいてみてください('ω')ノ

嘘を重ねたら、何が本当なのかわからなくなる。そして…

やっと入った夏休み♪

ホント毎日が暑くて仕方ないけど、夏はやっぱり熱くなきゃ(^o^)丿

とかいいつつエアコンのついてる部屋に引き込まれてしまう…

 

やっと私の中の重大イベントがまたひとつ終わりました。

昨日とイベントが終わるまでの約二日間、私は夢を見ていたかのように、心地よい時間を過ごすことができました。

 

もっと素を出して話していいんだよ?って言われて嬉しかった。そして初めて気づいた。

もう自分の「素」がないことに。

どの場所でも違う「私」がいる。学校・家・習い事・付き合う親友によって。

基本のベースは同じでも、接する人によって少しずつ違う。そして常に相手に合わせて自分を変えてきた。

いつも、人におびえていた。だから、本当の自分を嘘で固めて、それを本当にしていた…。

 

だから、「本当の自分」がわからない。

「こんな風にみられたい」「こんなイメージを持ってほしい」そう思って動いても、必ずしも相手にその思いは伝わらないのと同じように、

いろいろな人に自分の「素」を出していると思ってもらえるように接してきたつもりだったけど、そうではなかった。

でも、自分の「素」ってなんだろう。私は誰かに自分をさらけ出すことをもう何年もしていないから、

自分を見失っているのかもしれない。

 

普段過ごしている中で、「自分らしく生きたい」なんてよく思ってたけど、

その自分らしさ自体がよくわからない。その自分らしさは、

誰かに求められたことからできた自分らしさなのかもしれない。

 

過去に戻りたい。なんて思うことはあるだろう。でもそういうと、過去の栄光にとりつかれるなよ。って言われ、私達は常に「今」を生きなきゃいけない。

誰にどう思われようが、自分のやりたいように生きていきたい。

日本人特有の周りに合わせようとする同調圧力が嫌いで仕方ない。同調圧力は互いにかけているのに、自分を特別視しようとする…自分らしさを求めようとするその性質はきっと矛盾していて、

だから同調しようとする自分と自分を出そうとする自分が戦っている。終わりなき苦しみとともに。

 

最近読んだ本をまた一つ。

 

 ずっと考えていた「スマホとの向き合い方」について知りたかったので買いました。

中高生の親なら読んでも損じゃないし、SNSのおおよその仕組みは理解しやすいと思います。

「つながり」におぼれているのはよくわかる。自分も一時期誰かとつながることに依存しそうになったことは記憶に新しい。

ここに日本人の同調圧力も加わっていると思うんですよね。

…と言っても私は日本人なのでこんな否定しているのも不思議なんですけど(・へ・)

きっとつながることで誰かとつながっている安心感と一人ではないという安心感と優越感。一人になることの恐れがSNSを重要にさせている。

 

もしかしたら陰口言われてるかもしれない…なんて気にする必要ないですよ。

だってそう考えてる時点でそんなにその人好きじゃないでしょ?

むしろ自分のこと考えているんだから、ある意味愛されてるのかもしれませんよ?

ちょっとMチックに考えると案外物事はスムーズにいくかもしれない(ー_ー)!!